Article header contents 120717  1

8、16ビットマイコンから32ビットARMへの移行支援セミナー <無料>

2017.02.17

セミナー内容

Article header iar ewarm fig 290x231  1

開発ツール:IAR社のEWARM

本セミナーは、8、16ビットマイコンから32ビットARMマイコンへの移行を支援するセミナーです。

32ビットのマイコンはオーバー・スペックと考えてしまう方もいるかもしれませんが、置換えに適したARMマイコンも用意されており、移行する方も年々増えています。

今回、IARシステムズ様にご協力頂き、8、16ビットマイコンからの置換えに最適なARM Cortex-M0+に移行する際のポイントを丁寧にご説明致します。メリットもデメリットもすべてお話します。

この機会にARMマイコンをはじめてみませんか?

こんな方にオススメです!
  • 現在、8ビット、16ビットマイコンを使っているが、いつかはARMマイコンに切り替えたい方!
  • ARMマイコン開発の一連フローを知りたい!
  • ARMマイコンに置き換える場合の注意点が知りたい!

日程・お申し込み

日 程 時 間 会 場 定員 お申し込み
2017年3月1日(水) 13:30 - 17:30 新横浜会場:マクニカ第1ビル
※オフラインストア即売会 開催予定
50名
2017年4月18日(火) 13:30 - 17:30 大阪会場:マクニカ西日本支社 30名
※お申し込みはグループ会社 株式会社エルセナのWebサイトにて受け付けしております
※オフラインストア即売会(3月1日のみ)
数に限りはありますが、即売会ではEFM32の各種開発キットをご用意しています。お支払いはクレジットカードのみとなります。詳しくは当日会場にて。

アジェンダ

ワークショップ内容 所要時間
1. 8、16bitマイコンから32bitマイコン移行へのポイント (講師:IARシステムズ様)
  • このまま8、16ビットマイコン使ってても大丈夫?!
  • 8、16ビットマイコン用ソフトウェアの課題とは?
  • マイコン性能にも注意が必要!
  • 消費電力の点から見たポイントは?
  • デバッグ性も大事です!
  • 8、16ビットマイコンからの置き換えにCortex-M0+が最適!
  • 開発環境から見たポイント!
40分
2. 使えるM0+を紹介します! (講師:マクニカ)
  • シリコンラボ社のCortex-M0+
  • 補助ツール充実!イマドキの開発環境
  • EWARMとの親和性
40分
3. ソフトウェアを移行するときのポイントを教えます! (講師:IARシステムズ様)
  • 8、16ビットマイコンからソフトウェアを移植時の注意点とは?
  • 移植時に使えるツールや機能について!
  • Cortex-Mマイコンのソフトウェアで知っておくべき特徴
  • 豊富なデバッグ機能
  • 小さくて・早いコードを生成可能するには?
  • IAR社Embedded Workbench for ARMの紹介
60分
4. ついでにRTOSも始めてみませんか? (講師:マクニカ)
  • RTOSとは?
  • 導入する際のメリット・デメリット
  • Cortex-M0+でも動作する!注目の超軽量RTOS「Scorpius(スコルピウス)」
30分
5. 量産に適したフラッシュ・プログラマ「FP-10」の紹介 (講師:コンピューテックス様)
  • 簡単・早い・安い!三拍子揃ったフラッシュ・プログラマ FP-10
  • 拡張使用(自動検査システムに組込んでの使用)が可能
  • Cortex-Mマイコンのデバッグ・インターフェース 「SWD」
10分


おすすめセミナー/ワークショップはこちら

その他 開催中のマクニカオリジナルワークショップ

マクニカでは、最先端デバイス導入をお手伝いするため、各種セミナーやワークショップを開催しています!
是非ご利用下さい!
マクニカオリジナルワークショップのご紹介はこちら

最新のセミナー・ワークショップ情報については、会員様向けメールマガジンにてお送りしております。
新規会員登録 はこちら