該当件数 36

Infineon XMCシリーズ:DAVE開発ツールについて、3rdパーティ製ツールの対応状況を教えて下さい

3rdパーティ製ツールの対応状況についてはInfineon社が提供する最新情報をご参照下さい。

Infineon XMCシリーズ:データシート及びその他ドキュメントファイルの入手方法について教えて下さい

XMCシリーズのデータシート及びその他ドキュメントの入手方法について1.XMCシリーズの製品ページへジャンプします。2.XMC1000,4000の製品紹介ページが別々に用意されているので欲しい製品の情報ページへジャンプします。3.ジャンプ後、左のメニュからDocumentを選択します。  シリーズごとにDocumentが全て掲載されています。掲載されている情報は以下の通りです。 ・データシー...

Infineon XMCシリーズ:モーター制御を行う場合、どの評価ボードを選べばいいですか?

モーター制御用に開発された評価ボードはXMC1300用、XMC4400用の2種類存在し、それぞれMacnica Online Storeから購入可能です。 購入先はこちら・XMC1300 モーター制御コントロール評価キット KIT_XMC1x_AK_Motor_001・XMC4400 モーター制御コントロール評価キット KIT_XMC44_AE3_001

Infineon XMCシリーズ:開発するためにデバッガーを別途購入する必要はありますか?

Infineon XMCシリーズ用の各種評価ボード上には、Segger社J-Linkがインプリメントされたチップが搭載されており、そのチップを使ったデバッグが可能です。開発されたターゲットボードと、評価ボード上のデバッグボードをSWD用の信号を結線することで、DAVE開発ツールのデバッガーを使うことができます。勿論、各社3rdパーティ製ツールのデバッガーも対応しております。対応メーカー等につ...

Infineon XMCシリーズ:Matlab/Simulinkには対応していますか?している場合、どのVersionから対応していますか?

はい、Matlab/Simulinkに対応しています。2015年11月現在XMC4500, XMC4400, XMC4200, XMC4100, XMC1300, XMC1200, XMC1100のデバイスが対応しています。Embedded Coder用のライブラリをご用意していますので、Simulink Requestのページからライブラリを要求頂き、お使い頂くことになります。また、Mat...

Infineon XMCシリーズ:トレースデバックに対応していますか?

XMC4000シリーズはETM,ITM,SWV全てに対応しておりますので、3rdパーティ製のデバッガによるトレースデバックが可能です。 XMC1000シリーズはETM,ITM等のトレース用アーキテクチャ内蔵されておりませんのであくまでもSWDのデバックのみになります。

ワークショップ:「はじめての ARM Cortex-M ハンズオン ワークショップ - ARM初心者向け -」に参加しますが、事前準備について教えてください

はじめての ARM Cortex-M ハンズオン ワークショップ - ARM初心者向け -は、お客様のPCにSimplicity Studio ver.4.xとMDK-ARMがインストール済みであることを前提としています。またEFM32GGのスターターキットを使用しながらツールの使い方を学んでいきますので、EFM32GGのライブラリがインストールされた状態である必要があります。必要なセットア...

LAPIS ML610(Q)400シリーズ:ML610400シリーズにはML610400とML610Q400がありますが違いは何ですか?

型番のML610400とML610Q400の違いはROM識別がマスクROMかフラッシュROMの違いです。 型番にQ無:マスクROM版 型番にQ有:フラッシュROM版

LAPIS ML610(Q)400シリーズ:ML610400シリーズはどんな製品ですか?

ML610400シリーズは、超低電圧動作 & 超低消費電流向け用途に適した8ビットマイクロコントローラ製品です。LCDドライバ、2種類のA/Dコンバータ、オンチップデバッグ機能などを搭載していますので、腕時計、歩数計、心拍計、サーモスタットなどLCD表示機能の付いた小型携帯機器に最適な製品です。コアはRISC方式のラピスセミコンダクタオリジナル8ビットCPU " U8 Core "を...

LAPIS ML610(Q)400シリーズ:ML610400シリーズのラインアップを教えてください。

ML610400シリーズのラインアップは、下記の通りです。ML610400シリーズはLCDドライバ + 多彩な周辺機能を搭載しています。(一部、例外製品もあります)ドットマトリクス表示タイプ、セグメント表示タイプのLCDドライバに加え、温度計測に最適なRC発振型A/Dコンバータ、電圧出力型センサに最適な遂次比較型A/Dコンバータ、リアルタイムクロック、バッテリレベル検出回路、バックライト調光...